2009年05月12日

ネットスーパー

仕事に行かなくていい日々というのは、なんとゆったり流れることか…(笑)
家事も何事もすべて自分のペースで許されるんだなー。
あ〜、ボケそうあせあせ(飛び散る汗)

近所のジャスコが先月、ネットスーパーに対応したというので、早速使ってみることにした。
車で行っても10分かからない距離なのだが、せっかく玄関まで持ってきてくれるというのだから、牛乳や缶詰・大根などの重いもの、ティッシュペーパーなどのかさばるものを買うことに。

昨夜のうちに入力とカード決済を済ませ、今日は配達を待つだけ。
第1便の12:00〜を予約して、届いたのは12:10!!
近いからか、それともあまり利用者がいないのか、こんなに早く届くとは思わなかった。

5月末までは3000円以上の買い物で送料(105円)が無料だし、初回利用者にはイオンのギフトカード500円分プレゼントだし、なにせ、荷物を持って駐車場とマンション2階を往復しなくて済むのが嬉しい。

梅雨時期や、どうしても外出できない(したくない!?)日の買い物にはありがたいサービスだと思う。
とはいえ、家にいるから使えるサービスなんだけど。
posted by あきひ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

「アフタースクール」




夫が選んでレンタルしてみたが、おもしろかったーるんるん
いろいろなところで「えー!?」っと言わされてしまった映画。
何か書くとネタバレになるので自粛…ひらめき
posted by あきひ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

選択すること

最近、また子供の虐待のニュースをよく目にする。

9歳の娘を虐待死させておいて遺体を遺棄し、いけしゃあしゃあと捜索願を出した大阪の母親。
ベビーバスに熱湯を入れて、娘をその中に立たせた足立区の19歳の母親。
虐待死した長男の遺体を冷蔵庫に隠しておいた兵庫の母親。

内縁の夫や、夫が子供に暴力をふるうのを止められない。
捨てられるのがこわいから!?
自分が捨てられることの方が、子供が苦しむ姿を見るよりこわいって…恐ろしい。
親じゃない。
人じゃない。
動物的なものを感じてしまう。

虐待するために産む女性はいない。
が、虐待の危険性・可能性を考えずに産む女性はいる。
子供は出来るものではない。
出来たら産むものでもない。
もちろん、命の発生については十分神秘的だし、誰でも確実に妊娠するものではないから「授かりもの」というのもわかる。
でもやはり、子供はつくるもの。
つくる、という選択をするもの。

交際相手、結婚相手の選択。
妊娠・出産の選択。
こうやって人生の岐路で選択を繰り返しているはずなのに、子供を見捨てることも選択している。

逆に、なぜ様々な苦しい思いをして産んだ子の命を守る選択ができないのか…。

子供と一緒に親として育っていく?
もちろん結構。
誰も始めから完璧な一人前の親になれないのはわかっている。

子供は思ったように育たない?
それも結構。
所詮、育てたようにしか育たないんだから。

子供は親を選べない。
某スピリチェアルカウンセラーが
「虐待される子も魂の修行のために親を選んで産まれてきている」
と言っていたが、よくもまぁそんなコトが言えたものだ、と思う。

繰り返し書くが、子供は親を選べない。
なぜ、この親の元に産まれたのか?
愛されない苦しい中で何度も繰り返し思い、それでも親だから憎み切ることもできず、無力な自分に涙する…そんな人生があることを知れば、子供を産まない人生の選択は、ある意味潔い。

私は…自分と家族の人生に責任を持つ選択をしようと思う。
posted by あきひ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | AC的話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

フェーズ5だって…

豚インフルエンザの話題でもちきりなニュース。
今朝起きたらWHOが警戒レベルを PHASE4 から 5 に引き上げたと…。

平日休みに入って4日目。
日々、のんびりと昼寝したり家事したり買い物したりしている私には、とても遠い世界に感じてしまう。
仕事柄、「新型インフルが県内で発生した場合」というマニュアルには目を通していたけれど、今はそれも少々ヒトゴト気分。
こののんびり感、我ながらよろしくないねたらーっ(汗)
posted by あきひ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

久しぶりショートカット

髪の毛を切った。
2年ぶりくらい?
縮毛矯正すると確実にロング料金取られる長さだったのが、今や襟にかかる程度。
今後のことを考えて&はやりのボブ&イメチェン。
トータルで15000円くらいだった。
やっぱり短いと安いわーい(嬉しい顔)

夫は喜んでくれた。
同僚は若返ったとか、準備万端とか、ナントカ言っていた(笑)
仕事するのもあと3週間なので、いろんなことがどうでもよくなってきている。
まぁ、そのくらい身体の変化が大きくて大変なんだけど。

春だし、桜もきれいだし、頭も軽くなったし、なんだか気分がいい。
posted by あきひ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

年度替わり

あと数分で4月。

結婚して、まる1年。
20年度の終わり。
21年度は・・・。

新たな自分探し。
現実を受け止めて、前進、前進。
しばらく仕事から離れるのもいい機会。
きっと楽しい1年間になる(と思う)。
がんばれ、ワタシ。
posted by あきひ at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

2009年始まりました

前回の書き込みが9月末…。
確かに10月からバタバタとめまぐるしくいろいろなことがあった。
2008年自体が怒濤の1年だったけれど、後半に「いろいろなこと」が詰まっていた。
現在進行形な「いろいろなこと」。
この調子で行くと、2009年も怒濤の1年になるなぁたらーっ(汗)
posted by あきひ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

「西の魔女が死んだ」

仕事関連で、「西の魔女が死んだ」を見た。

ターシャ・テューダーのイングリッシュ・ガーデンを彷彿とさせる山の中の庭。
サチ・パーカーのやわらかい日本語。
思わず口の中がすっぱくなりそうな、ワイルド・ストロベリー。
洗ったシーツはラヴェンダーの上に広げて干す…。

舞台も、ストーリもとても素敵だった。
「I know」
という声が今も耳の中にこだましている。


posted by あきひ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ムカついたので仕事

午前中から頭に来ることが立て続けにおこった。
最近、お客サマにハラが立つことが多い。

心配してるのにーむかっ(怒り)
と思って、ふと「してやってる感」の上に苛立っている自分を発見。
心配してやるのが仕事の半分くらいなんだけど、そのときはちょっと気持ちを切り替えた。
でも今日は裏切られた感が強くて、がっかりの上にムカッ。
ムカつきついでに、夜残って仕事を片づけてきた。

おかげで帰宅は9時。
明日も出勤だっつーのに。
以上、ボヤキ。
posted by あきひ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

敬老の日

夢のようなバカンスから帰国して2週間。
なんにもしない南の島での休暇・・・・・・・・・・・・・

帰りの飛行機で急に現実に引き戻されたけど、行って本当によかった。
例年にない日焼けをしたけど(SPF50の日焼け止めを塗っていたのに!)、行って本当によかった。

そしてあっという間に2週間。
今日は冬物をクリーニングに出して(今頃!?)スーパーに寄った。

駐車場で私が停める場所を見つけたら、そこにいた駐車場担当のオジサンが
「あちらのお客様が出ますので、少々お待ち下さい」
と言った。
かなりご高齢の奥様が助手席のドアを閉めていた。
おばあちゃんが買い物のために車を降りて、運転者が車を出すんだなと思っていたら、そのおばあちゃんが運転席側まで移動をはじめた。
しかも、腰がかなり曲がっていて、どこかにつかまっていないと歩けないらしく、車のボディに手をついながらゆっくり歩いている。
伝い歩きをしているおばあちゃんに驚いている私に気づいた担当のオジサンは
「申し訳ありませんが、しばらくお待ち下さいね。今日は敬老の日ですし、温かいお気持ちで見守って頂ければ…」
と頭を下げた。

「あ、そうですね」
と私は今日が敬老の日だってコトを思い出したのだが、それはともかく、何かにつかまらなければ歩けない人が車を運転していることが怖かったあせあせ(飛び散る汗)
その人の生活環境は知らない。いくつなのかも知らない。
車がなければ生活できないのかもしれない(ここは十分都会だけど)。
でも、その状態での運転はあまりにも危険なんじゃないのかなー。

ヒトゴトながらかなり不安を覚えた敬老の日だったバッド(下向き矢印)
posted by あきひ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。