2009年09月11日

わらさはぶり(「わらさ」は「鰤」)

今日、初めて知った。
先日スーパーで買った「わらさ」とい魚の切り身の正体を…。

ブリだった〜!

そっかそっか、出世魚だからか。
サワラ」は前から好きだったけど、「ワラサ」は知らなかった…。

というわけで、これからブリを料理します。

マヨ照り焼きにしようか、香味醤油ステーキにしようか、考え中…。
posted by あきひ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

虫退治

米に虫が沸いた…。

夫の実家からもらった米。(というかいつももらっていて、買ったことない…)

小分けにして冷蔵庫に入れなかったので、袋の中で成虫になっちゃった。
しかも「ガ」。
あ、っと思ったときにはもう、部屋中を飛んでいた。

すでに二十匹くらい仕留めた。
よく見たら1種類じゃないしむかっ(怒り)

スジマダラメイガとイッテンコクガ(興味のある人は自分で画像探してください)

飛ぶとすばしっこいのに、壁に留まっているととてもニブイ。簡単にティッシュでつまめる。

わかっているだけで、あと1匹は確実にいるんだよなぁ…。
早く全部仕留めたい!
posted by あきひ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

papyrus vol.26(2009年10月)Cocco 愛と罪悪感の行方

久しぶりにCoccoを見つけた。
が、表紙を見てちょっと驚いた。
ノースリーブを着ていたから。

いつも長袖を着ているイメージが強かったので、腕を出して傷をさらけ出しているCoccoに驚いたのだ。

傷を見せても平気なほど強くなれたのかな、と思って中身を読んだら全然違った。

今まで何度かパピルスに登場していたのも知らなかったし、ロンドンにいたのも知らなかった。もちろんドキュメンタリー映画のことも。
ニュース23のゴミゼロ大作戦で、市職員に意見していたCoccoとは別人らしきCoccoがいた。

古い傷の中にまだまだ新しい傷の数々。
LIVE LIVE AND LIVE
いくつかの☆
吐きダコのような手の甲の跡
右利きらしく、左手の方が痛めつけられている。

この様子を見ると、きっと骨盤の骨なんかガッツリと見えているんだろうと思う。

痛々しい。
30歳を過ぎて、子供もいて、未だなお泣く術を知らない子供のように躯に痛みを刻んでいる…。
自分のことで手一杯なのが対談からも感じられた。
彼女の子供はきっと誰かがちゃんと育てているんだろうから、そのことについて考えるのはやめておこう。

Coccoは誰を救いたいのか?
何をすれば満たされるのか?
彼女が今立っている場所は、心の深淵なのか、或いは闇の中か?


「愛してるって言うしかない」
と以前から言っていたCocco。
「自分は筒だから」
「飾って見るナイフでいい」
なんともなげやりな言葉の数々に、インタビュー記事にも、対談記事にも、何の感想も持てなかった。
読者にいったい、どんなCocco像を見せようという企画なんだろう。


posted by あきひ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | AC的話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆議院選挙2009

やっぱり民主圧勝。

田中真紀子が民主党に入ったので、これは確実に国民が自民離れしているんだなと思ったけれど、事実だった。

選挙権を得てから、投票に行かなかったことは1回しかない。
期日前投票などなかった頃の話。
時期も理由も忘れたけれど、やむを得なかったので。

昨日も当然、夫と投票に行った。

私はアンチ自民だけど、民主が勝つと思っていたので民主党には投票しなかった。

選挙速報番組を見ていたら、視聴者からのメールで
「選挙権があっても投票したい政党がなかった(未成年)」
というようなテロップが出ていた。

その気持ちはよくわかる。
今回のマニフェストだって、この政党なら自分の考えとぴったり!なんていうのはなかった。
この子育て・教育は○○党を支持、年金制度は××党、とそれぞれ支持したい政党がばらけてしまった。

で、いつも考えることが「勝たせすぎないこと」。

どうせ勝つことがわかっているなら、敢えてそこに投票することもない。
支持したい政党・政治家だから投票するわけではない、ということ。

私のたった1票なんて何の影響力もないけれど、そんな有権者もいるんだってこと、世の代議士センセたちは知ってるのかな。

posted by あきひ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

給料減った…

通帳を見て驚いた。
給料がいつもより少ない…。

今月は日割りで、来月から減るというのは、頭ではわかっていたものの実際の額面を見ると愕然とさせられる。

節約しなきゃ…。
やっぱり4月には復帰しなきゃ…。
ま、休んでいる間にもちょっとはお給料が出るだけありがたいと思わなくちゃね。
posted by あきひ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

夫の料理

夫は、弁当男子ならぬ家事男子
弁当こそ作ったことはないけれど(私が時々作るテキトー弁当を喜んでくれるのでこれはありがたい)、家事はほとんどやれる人。

一人暮らしをしたことがない困ったチャン、と思っていたけれど、意外なことに料理好き。
特に中華とパスタはいろいろな味に挑戦して楽しませてくれる。

買い物の際、今回は「バジルと細いパスタを買ってきてほしい」というリクエストがあった。
どんなパスタを作ろうとしているのかなんとなくわかっているつもりだったので、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)も買った。以前からすり下ろして食べたがっていたので。

で、できたのがコレ。

Image732.jpg

実はモモが乗っている。
モモの甘み、さわやかさと、トマトの酸味、バジルの香り、チーズのコクが効いているパスタだった。

夫の料理は焼きモノ、炒めモノが多いので、今度は煮物を覚えてもらいたいな。
posted by あきひ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

マニフェスト

来月末の選挙を前に、自民党のマニフェストが発表された。

テレビで特に取り上げられて、自民・民主が比較されている点は以下の通り。

自民党:幼児期(3〜5歳)の教育費3年間無料
     高校・大学進学に返済義務のない奨学金

民主党:子供手当;子供一人あたり月26000円(年間31万2000円)
     公立高校の授業料無料、私立は12〜24万円の助成



子供のいる家庭の票を取り込みたいのがよく見える。
「教育費がかかるのは仕方ないこと」に日本はなっているが、国によっては無償というところもあるから今回の政策は喜ぶ人が多いだろう。

でも、財源は?
今だって公立高校の授業料減免率はかなりの高さだし、利息なしの奨学金だって返せない人の多いこと、多いこと…。
それを返済義務なしに?

お金の負担を減らしてくれるのもありがたいが、ちゃんと働ける環境を整えてくれる方が、国と国民とお互いのためじゃなかろうか?
認可保育所増やして延長保育した方が、共働きもシンママ・シンパパも助かるのに。

さて、投票日まで悩むな〜。


posted by あきひ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

衝動買い

Image663.jpg

本当はダイヤのピアスを買おうと思って立ち寄ったジュエリーショップなのに、気に入ったデザインがなかったのでついネックレスを見てしまった。

計6本を試着して、結局コレが一番しっくり来たので決定。
シルバーや18Kのクロスは持っているので、ついダイヤモンド計0.3カラットに惹かれ、これから頑張らないといけないコトがあるし、近々ボーナス出るし…と財布のヒモが緩んだ。

そういえば、ダイヤといえばモーブッサンのルース(裸石)プレゼントの話題。
0.1カラットをタダでくれるというので大勢の人が並んだというアレ。
0.1カラット5000円相当って………。
そのくらいのモノをルースでもらってもどうしようもないというのが私の正直な気持ち。
エンゲージリングを探しに銀座へ行ったときに、ダイヤについてはちょっと目が肥えちゃった感があるので。
いい石は本当に、本当にきれいぴかぴか(新しい)
パッと見ただけで光の反射が全然違う。
その分、お値段も全然違う(苦笑)
ああいうのを見てしまうと、ダイヤ1粒石のネックレスなんて簡単に買えないし、欲しいとも言えないあせあせ(飛び散る汗)
そんな具合だから、計0.3カラットのプチネックレスで自己満足しているんだけどたらーっ(汗)
posted by あきひ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

高いけどシスレー…

寄る年波とともに、肌に合う化粧品が変わっていくのを実感している今日このごろ。
大学時代は洗顔中心のニキビケアと、日焼け止め対策。
30代に入ってからは美白と乾燥対策。
そして、アラフォーに一歩足を踏み入れた途端、それでは補えない潤いが欲しくなり、シスレーの良さに気づいてしまった。

が、高い。
乳液も美容液も2万円台はイタイバッド(下向き矢印)
でも、エコロジカル・コンパウンド(乳液)が「ある」と「ない」とでは次のイドラ・グローバル(美容液)のノリが全然違うぴかぴか(新しい)
そんなわけで、今回初めてインターネットで化粧品を買ってみた。
香港から送られてきたが、いつも購入する百貨店の半値で買えたのはかなり嬉しい。


不景気になると、高価なブランド品を買い控え、単価が安い化粧品などで自己投資をする女性が増えることを「リップスティック効果」というのだそうだ。
確かに化粧品は自己投資。
初めてシスレーを買ったのも、ひと仕事終えた自分へのご褒美だった。
一世代上の、職場の先輩はゲランを堂々と使っていてカッコイイなぁと思った。
私もどっしりと自己投資を楽しめる仕事の仕方をしたいなー手(チョキ)
posted by あきひ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

人様の子でも叱るワタシ

先日、エレベーターを利用していたときのこと。
私と夫が降りる階で、小学生低学年の女の子2人と、その母親2人が開いたドアの向こうにいた。
こちらが降りようと一歩足を出したのに、女の子2人がきゃーきゃー言いながら強引に乗ってきた。
女の子たちの後ろにいた母親2人は、自分の子を止めなかった。

カチーンと来たので、母親が乗りこんで来る前に子供たちに
「降りる人が先です」
と言いながら降りた。
すると、母親の一人が
だって
と言った。

すみませんの一言もなく「だって」???

乗り物は降りる人が先、ドアは出る人が先、というマナーを知らないのは仕方ないにしても、人に注意されたことを「〜だって(うるさいねー、という感情が含まれた言い方)」と言ってしまう親にびっくり。


また、イオンに買い物に行ったときのこと。
帰るときに雨が降っていたので、夫が車を出入り口まで回してくれた。
その車を待っている間、出入り口の中で小学生の男の子が傘袋で遊んでいた。中学生のお姉ちゃんがそれを黙って見て笑っている。
傘袋に息を吹き込んでふくらませては、足で思い切り踏みつけて割る。ビニール袋がパンと割れると、かなりうるさかった。
私がちらっと見ると一瞬手を止めたが、見られているのを意識してニヤッと笑った男の子は、さらに一枚をパンッと割った。
まったく悪ガキめ、と思って私もニヤッとしながら
「う・る・さ・い」
と注意した。
すると、バツが悪くなった2人は、両親が来たのでそそくさと退散した。

親が自分の子供を注意できなくてどうする、と思う。
後者は、わかっていて悪ふざけをしたのでこちらも「わかってるよ」という視線を送りながら注意したが、前者はあきれてモノも言えない。
世の中、あんな親ばかり増えるから困った子が多くなる。

私はあんな親にはならないちっ(怒った顔)
さらに、人の子だろうと自分の子だろうと、必要なときには注意するむかっ(怒り)
posted by あきひ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする