2005年10月22日

「コックリさん」

韓流ホラーの「コックリさん」(←公式サイト)を見てみた。
Ouija Boardと書いてあるからウィジャ盤という名前で世界共通らしい。
ちなみにこのサイトは英語です。

いじめに遭っているユジンが仲間とコックリさんをやる。
それも夜の教室、呪われた29番の机で。
「bunshinsaba bunshinsaba oidekudasai(ブンシンサバ、ブンシンサバ、オイデクダサイ)」
日本語なのに驚いた。
コックリさんは日本から韓国に渡ったものなんだろうか?

日本のサイトはこちら

子供の頃誰でも一度はやっているだろうコックリさん。日本では「はい、いいえ」と書いたほかに50音を書くのが一般的だろうが、映画の中のコックリさんはかなり違った。
コックリさんに何かを聞くというスタイルでなく、降霊をして呪いをかけるというストーリーで、復讐劇になっている。
レンタルしたものにはR15のシールが貼ってあって、どこがそうなの?と思っていたら、ありました…確かにそれは見せない方がいい、という表現。スプラッタではないけれど、残酷だから。(でもそれを言ったら「着信アリ2」の台湾でのアレも残酷だよなぁ…)
posted by あきひ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チェ・ジョンユン -コックリさん-
Excerpt: 韓流では、一番、期待していた ホラー映画。「コックリさん」 でも、やっぱり、撃沈してしまいました。 どうしても、悲しい過去に 繋げたいらしい。 村の過去の話になった時には、 嫁さんと顔..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2006-02-10 17:59