2005年06月26日

Musical Baton(ミュージカル・バトン)

柚子庵空穂(うつほ)さんからバトンを渡されてしまった!
ブログでこういう企画があるとも知らなかったし、ちょっとした昭乃さんつながりなのに依頼されるのは嬉しい。反面ドキドキな小心者だけど…。
チェーンメールのようでいい大人がバカみたいだ、と言っている人もいたが、音楽の話題だしそんなに目くじら立ててカッカすることもないと私は思う。なので、バトン持ってちょっと走ってみる。
ただ、普段あまり音楽を聴かないワタシなので(聴くとスコアが頭の中に浮かんでくるので)、相当偏っている点あしからず。

★Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

120MBくらい(笑)メガバイトだぜ。
自作MIDIファイル(教会のHPで流す聖歌)と、仕事で使うもの(ICレコーダで録ったピアノ伴奏とか歌とかをPCに取り込んでWAVEファイルに変換したもの)と、なぜかエニグマのベストアルバム。
Love Sensuality Devotion」というベストなのだが、「Gravity Of Love」という曲にカルミナ・ブラーナの「オ・フォルトゥナ」がフィーチャーされているので興味があって取り込んでみた。

★Song playing right now (今聞いている曲)

ensemble ORGANUM「COMPOSTERA」(アンサンブルオルガヌムのコンポステラ)
妹にもらった11世紀のミサ曲。
スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラ(聖ヤコブの星の原)大聖堂はフランスからの巡礼路の終着点(この巡礼路は93年に世界遺産に登録されているようだ)。
11世紀といえばオルガヌム形式で多声音楽が始まった時期。このアルバムの最後に収められている「Congaudeant Catholici(共に喜べ、カトリック信徒よ)」は世界最古の多声音楽と言われている。
コンポステラ=星の原っぱ=空の庭=そらの庭=昭乃さん…なんてね♪

★The last CD I bought (最後に買ったCD)

SINGER SONGERばらいろポップ」…予約しただけでまだ手元にはない(お金払っちゃったので確かに最後に買ったCD)
そうでなければ、新居昭乃エデン

★Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

1.グレゴリアン・チャントの「キリエ」
いくつかグレゴリオ聖歌のCDを持っているが、一番好きなのはウィーン・ホーフブルグカペルレ・コーラルスコラのもの。初めて買ったCDがこれで、初めて音楽を聴いて泣いたのもこれ。
2.新居昭乃VOICES
アカペラで始まるところが好き。アコースティックバージョンもいいけれど、最後に小鳥のさえずりが重なるのもいい。
みっつめの言葉は…いつも考えているが、未だに答えが出ない。
3.菅野よう子A sai en
初めてブルガリアン・ヴォイスに出会った曲。
以来、菅野よう子を追い続け、尊敬している。
4.Billy JoelHONESTY
初恋の思い出の曲(笑)
5.マーラー「交響曲第2番 復活
某アニメーションのBGMで使われていた。のちにサイトウキネンの演奏で鳥肌が立ち、大学時代に和声を教わっていた教授が前述のアニメの主題歌を作曲していたと知って、また鳥肌。

★Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

5人も挙げられない貧弱なネットワーク…。
とりあえずこの人に聞いてみたいな、と。

sifzouさん「もっとストーリーを
posted by あきひ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック