2009年08月31日

衆議院選挙2009

やっぱり民主圧勝。

田中真紀子が民主党に入ったので、これは確実に国民が自民離れしているんだなと思ったけれど、事実だった。

選挙権を得てから、投票に行かなかったことは1回しかない。
期日前投票などなかった頃の話。
時期も理由も忘れたけれど、やむを得なかったので。

昨日も当然、夫と投票に行った。

私はアンチ自民だけど、民主が勝つと思っていたので民主党には投票しなかった。

選挙速報番組を見ていたら、視聴者からのメールで
「選挙権があっても投票したい政党がなかった(未成年)」
というようなテロップが出ていた。

その気持ちはよくわかる。
今回のマニフェストだって、この政党なら自分の考えとぴったり!なんていうのはなかった。
この子育て・教育は○○党を支持、年金制度は××党、とそれぞれ支持したい政党がばらけてしまった。

で、いつも考えることが「勝たせすぎないこと」。

どうせ勝つことがわかっているなら、敢えてそこに投票することもない。
支持したい政党・政治家だから投票するわけではない、ということ。

私のたった1票なんて何の影響力もないけれど、そんな有権者もいるんだってこと、世の代議士センセたちは知ってるのかな。

posted by あきひ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

選挙速報番組
Excerpt:   ・大久保の離脱"バッカじゃないの"   ・差別的ヤジ飛ばして入場禁止に   ・新銀河系の新しい"10番"に期待 ◇関連情報選挙速報..
Weblog: 速報!ニュースジャム
Tracked: 2009-08-31 19:17