2009年07月31日

マニフェスト

来月末の選挙を前に、自民党のマニフェストが発表された。

テレビで特に取り上げられて、自民・民主が比較されている点は以下の通り。

自民党:幼児期(3〜5歳)の教育費3年間無料
     高校・大学進学に返済義務のない奨学金

民主党:子供手当;子供一人あたり月26000円(年間31万2000円)
     公立高校の授業料無料、私立は12〜24万円の助成



子供のいる家庭の票を取り込みたいのがよく見える。
「教育費がかかるのは仕方ないこと」に日本はなっているが、国によっては無償というところもあるから今回の政策は喜ぶ人が多いだろう。

でも、財源は?
今だって公立高校の授業料減免率はかなりの高さだし、利息なしの奨学金だって返せない人の多いこと、多いこと…。
それを返済義務なしに?

お金の負担を減らしてくれるのもありがたいが、ちゃんと働ける環境を整えてくれる方が、国と国民とお互いのためじゃなかろうか?
認可保育所増やして延長保育した方が、共働きもシンママ・シンパパも助かるのに。

さて、投票日まで悩むな〜。


posted by あきひ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック