2005年12月17日

「エコーズ」

オフィシャルサイトはここ

妻の姉に催眠術をかけられたことによって霊感が目覚めるトム(ケビン・ベーコン)。
残酷なシーンが見えたり、危機を察知したり、しまいには昔の事件へと巻き込まれていく。
悲しいことが重なって起こった事件を、トムが解決させられる
その所為でトムの家庭が危機に陥る。

事件の謎解きは途中で答えがわかってしまうのだけれど、これをどうやって終わらせて物語が完結するのかドキドキしながら見た。
お葬式から「僕は(家に)帰らない」と言った息子のジェイクには、すべてが見えていたところがやはりクライマックス。

ところで、妻のマギー(キャスリン・アーヴ)は医療現場で仕事しているのだろうか?
衣装がそんな感じだったのに、それには全然触れられていないのが気になった。
posted by あきひ at 23:28| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画・DVD・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます★
ワタシは思ったより面白かったです〜
Posted by mig at 2005年12月18日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10773261
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

エコーズ / stir of echoes
Excerpt: あ!ケヴィンの新作{/heart/}そう思ってエコーズのフライヤーを手にしたのは先月のこと。 10年以上、ケヴィンベーコンファンのワタシとしては、見逃せない。 え{/eq_1/}よく見たら制作は199..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2005-12-18 01:50